下肢静脈瘤について|なりやすい人・主な原因

下肢静脈瘤

TOP > 下肢静脈瘤

日帰り下肢静脈瘤レーザー治療が
可能なクリニック

  • 下肢静脈瘤とは
  • 下肢静脈瘤の種類
  • 下肢静脈瘤治療の流れと費用
  • 下肢むくみ外来

下肢静脈瘤について

足の静脈の逆流防止弁が壊れて正常に機能しなくなることで血液の逆流が起こり、逆流した血液により血管が徐々に拡張されコブ(瘤)のようにふくらんだ状態になり外見上でもわかる病気です。

40歳以上の男女の約9%の人がもっている病気で、推定患者数は1千万人とされ、身近に起きやすい病気の一つです。

  • 下肢静脈瘤の主な症状

    下肢静脈瘤の主な症状

    下肢静脈瘤は血管が膨らむだけでなく、足の痛み、だるさ、むくみ、かゆみ、ほてり、こむら返り、皮膚変色などを誘発させますので日常生活にも支障をきたす場合も多く、早期の治療をお勧めいたします。
  • こんな方は治療が必要です

    こんな方は治療が必要です

    • 年々静脈瘤がひどくなってきている方
    • 静脈瘤による症状で日々困っている方
    • 皮膚に色がついたり炎症、潰瘍がおきている方

下肢静脈瘤になりやすい人
主な原因

下肢静脈瘤は女性に多く、歳を重ねるほど増えていくと言われています。
また下肢静脈瘤の要因のほとんどが遺伝的体質によって影響されます。
両親が静脈瘤だと約90%、片親が静脈瘤だと45%の割合で発症するとされています。

その他の要因

  • 長時間の立ち仕事美容師・調理師・販売員・教師・看護師など、同じ姿勢で立っている時間が長い仕事に従事している方は下肢静脈瘤が発症しやすく、進行もしやすい傾向にあります。
  • 妊娠・出産、肥満 妊娠中や出産後に下肢静脈瘤ができる女性も多く、妊娠・出産の回数が増えるほど下肢静脈瘤になる割合が高くなります。

自己判断

こんな人は下肢静脈瘤の
可能性があります。

  • 立って仕事をすることが多い
  • 両親共、もしくは片親が下肢静脈瘤
  • 足の血管がこぶのように浮き出ている
  • 足の血管の一部が変色(青や紫)して浮き出ている
  • 足のむくみ・だるさ・痛みがある
  • 就寝中に、足がつることがある
  • 足が重たく感じる

大切なのは早期発見です。
自己診断表のリストの中であてはまるものはありますか?
自己診断してみて気になるなら、
ぜひご相談下さい。

下肢静脈瘤の検査

下肢静脈瘤の検査

当院では主にエコー検査によって診断、治療方針を決定しています

現在の主流である「超音波検査」は、エコー検査とも言われ、脚にゼリーを塗って、超音波を発振するプローブを当てるだけですので、痛みがなく、繰り返し検査を行うことができます。

エコー検査によって、血栓の有無や静脈の逆流防止弁が壊れているかどうかが簡単にわかります。

下肢静脈瘤の種類と治療法

下肢静脈瘤には大きく分けて4つの種類があり、それぞれに対してどのように治療するかで5つの考え方があります。
中でも伏在型静脈瘤(大きな静脈瘤)に対しては、現在は血管内レーザー治療が標準治療になっています。

  • 下肢静脈瘤の種類

    • 伏在静脈瘤(手術が必要)
    • 側枝静脈瘤(場合により治療適応あり)
    • 網目状静脈瘤
    • クモの巣状静脈瘤

    それぞれの下肢静脈瘤の特徴については、
    下肢静脈瘤の種類と治療法のご紹介
    をご覧ください。

  • 下肢静脈瘤の治療法

    特に伏在型静脈瘤(大きな静脈瘤)に対しては、
    現在は血管内レーザー治療が標準治療になっています。

pagetop